close

私がよく使用するGitコマンド【備忘録】(随時更新)

公開日:

はじめに

基本的にGitを使用して開発を行っていますが、毎回Gitコマンドを使用するたびにメモを見るかググっていました。そこで記事にしてまとめました。随時更新中。
完全に自分用の箇条書きです

クローン(Clone)

ディレクトリ(githubのプロジェクト名)が自動的に生成される

git clone https://github.com/hogehoge.git(Clone with HTTPSからコピペ)

ディレクトリが自動生成されない(最後に . を付与)

git clone https://github.com/hogehoge.git(Clone with HTTPSからコピペ) .

Git管理開始(.gitファイル作成)

git init

Gitステータス取得(addする前に確認する)

git status

ファイルをインデックスに追加(コミット準備)

編集ファイルを全部追加する場合

git add -A
git add --all

どちらでも可

diff(比較)

【コミット前】

git add前

git diff

git add後

git diff --cached

どれくらい変更したかだけチェック

git diff --stat

ブランチ間での比較【コミット後】(コミットIDに置き換えればコミット間)

1.変更があったファイル名のみを表示。

git diff master feature/新規機能追加 --name-only

2.ブランチ間で同じファイルを比較。

1で表示されたファイルパスを利用。

git diff master feature/新規機能追加 src/Controller/hoge.php

コミット

git commit -m "コミットメッセージ"

リモートリポジトリ関連

登録

git remote add origin git@github.com:アカウント名/プロジェクト名.git

push先追加

AzureDevops とgithubへ同時にpushしたい場合などに。

git remote set-url --add --push origin https://***************.git

確認

git remote -v

削除

git remote rm origin

プッシュ

git push -u origin master

プッシュ時にはキー生成時に作成した、キーフレーズを入力する。

ちなみにSSH Keyの作成方法はこちらの記事が参考になりました。

外部記事リンク(Qiita): お前らのSSH Keysの作り方は間違っている

プル

マスターブランチのみ

git pull origin master

全てのブランチをリモートリポジトリからプル

普通にプルしただけだと、他エンジニアが作成してコミットしたブランチは追加されないが、以下だと全部ローカルに落とせる。

git fetch --all
git pull --all

ブランチ新規作成&そのブランチに切替

git checkout -b ブランチ名

直前のコミットを取り消し

git reset --hard HEAD^

ブランチ削除

警告なし削除

git branch -D feature/funcWorks

-d オプションにすれば警告ありとなる。

間違ったブランチで編集作業をした後、正しいブランチへソースを移動させる

あるある。

# コミットをせず編集済ファイルを退避
git stash
# 状態を確認(nothing to commitと表示されることを確認)
git status
# スタッシュ一覧を確認
git stash list
# ブランチを作成、切替
git checkout -b ブランチ名
# スタッシュを適用
git stash apply
# スタッシュを指定して適用も可能
git stash apply stash@{0}
# スタッシュを全部削除
git stash clear
# スタッシュを指定して削除
git stash stash@{0}

[写真について]

Place : Akihabara

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。